窯業部会

大和地方には中世までにはすでに寺社の祭器用の土器を焼く窯があったとされ、それが今の奈良県の窯業のルーツと考えられています。天正13年(1585年)に郡山城に入った豊臣秀長が常滑から陶工を招き、新たに窯を開き、製陶させました。正保年間(1644~48年)には、京都から野々村仁清(ののむらにんせい)が奈良に立ち寄り、茶器や皿などの製法を伝え、小堀遠州(こぼりえんしゅう)が「遠州七窯」のひとつに数えたともいわれています。

江戸時代の享保年間(1716~36年)に、郡山藩主・柳沢保光(号・堯山(ぎょうざん))が御用窯を開き、製陶を奨励しました。天保年間(1830~44年)に登場した奥田木白は、赤膚焼の中興の祖とされます。

現在はこれらの伝統の上に新境地を求める作家が輩出して、用途も茶器から花器等へと広まっております。


窯業部会会員名簿

会員名代表者名住所TEL
FAX
適用
井倉敏夫〒630-1231
奈良市柳生下町397
0742-94-0154
0742-94-0154
柳生焼
井倉幸太郎〒630-1231
奈良市柳生下町397
0742-94-0154
0742-94-0154
柳生焼
大塩昭山〒631-0052
奈良市中町4953
0742-45-0408
0742-47-1678
赤膚焼
大塩恵旦〒630-8042
奈良市西の京町215-1
0743-78-1833
0742-41-0657
赤膚焼
大塩玉泉窯大塩順子〒631-0052
奈良市中町4945
0742-45-1806
0742-45-1806
赤膚焼
大塩正人〒630-8035
奈良市赤膚町1051-2
0742-45-4100
0742-46-9955
赤膚焼
小川二楽〒639-1013
大和郡山市朝日町4-18
0743-52-3274
0743-52-1963
赤膚焼
尾西楽齋〒639-1132
大和郡山市高田町117
0743-52-3323
0743-52-2447
赤膚焼
大前芳春〒633-0423
宇陀郡室生区大字田口元角川394
0745-93-2760無双窯
竹井耀齋〒630-1123
奈良市生琉里町130-2
0742-95-0705
0742-92-0705
墾る窯
寧屋工房武田高明〒630-8384
奈良市芝新屋町18
0742-23-3110
0742-23-3119
陶芸
西祐摂〒639-1021
大和郡山市新木町135-1
0743-52-4314
0743-52-4314
蘆廼瀬窯
古瀬堯三〒630-8035
奈良市赤膚町1049
0742-45-4517
0742-45-6726
赤膚焼
松本政昭〒631-0033
奈良市あやめ池南6丁目6−48 泉窯陶芸教室
090-2613-5322
0595-23-5372
泉窯