諸工芸部

奈良晒

徳川家康が奈良晒を賛美し、保護奨励を加えた為、幕府・諸大名からの需要が増大し興隆を極めました。明治維新による武士階級の没落あるいは生活様式の変革などにより次第に衰退しましたが、今日、麻の風合いが珍重され、茶巾・のれん・テーブルセンターなどの工芸品への活用により需要も増加しています。

和紙

天武天皇が吉野川清流や気候風土が紙すきに適している為、村人にこれを奨励したのが始まりとされています。本県の和紙は、掛け軸・額などに用いられる最高級の表装裏打ちとして、また、特殊な障子紙・色紙・書画用紙等その素朴な紙質が愛され、趣味的な用途にも多く用いられています。

奈良団扇と奈良扇子

天平神護年間に春日大社の神官が団扇を作ったことが始まりで、現在のような奈良団扇は応永年間興福寺伍太院の僧が創作したと伝えられております。特徴は正倉院模様又は奈良風物を表裏に通る手彫りの透しで表すところにあります。また奈良扇子は正倉院御物の「過去現在因果経」に始ったといわれる「奈良絵」を木版画で収めた上品で華やかなものであります。

その他の伝統工芸

建武の頃に生まれた下市の神具・三宝・杉割箸のほか、奈良の角細工・春日杉・吉野杉等による木工品・昔懐かしい郷土玩具の出雲人形・手向山八幡の絵馬・奈良の張子の鹿・信貴山の張子の虎等に趣味人の需要は絶えず、玩具ではありませんが法華寺の犬守り、唐招提寺のうちわ等信仰を別として愛されています。

また古くから伝承されるものではありませんが、どことなく伝統の雰囲気を持つものに埴輪を主体とする樫原焼、正倉院にある技法を復活した象牙撥鏤、植物染めの秋篠手織、吉野杉を使った焼き杉木彫品等があります。


諸工芸部会会員名簿

会員名代表者名住所TEL
FAX
適用
池田含香堂池田アヤ子〒630-8224
奈良市角振町16
0742-22-3690
0742-22-7122
扇子・団扇
岡井麻布商店岡井孝憲〒630-2163
奈良市中之庄町107
0742-81-0026
0742-81-0011
本麻奈良晒
麻織物製造
小野工房小野瑛子〒631-0811
奈良市秋篠梅が丘町573
0742-45-4763
0742-45-4763
秋篠織
Glass Studio Hand大鎌章弘〒639-1051
大和郡山市城町1681-89
0743-21-3762
0743-21-3762
ガラス工芸
とんぼ玉
三楽洞岡本善英〒630-8218
奈良市樽井町7
0742-22-2075
0742-22-9823
土産品
㈱誠美堂水川丈彦〒630-8043
奈良市六条1丁目14-13
0742-43-4183
0742-49-0714
工芸品
染美堂安川忍〒639-2122
葛城市薑135-1
0745-62-7933
0745-62-2151
染色
㈱中川政七商店中川巌雄〒630-8445
奈良市池田町203-4
0742-61-6677
0742-61-6697
奈良晒
古楽面中の坊中坊竜堂〒630-8425
奈良市鹿野園町518-6
0742-62-8072
0742-62-8072
樹脂彫塑
奈良ガラス工房新倉晴比古〒630-8423
奈良市出屋敷町191
0742-63-1688
0742-63-1687
ガラス工芸
ハタリ源角堂畑里憲雄〒630-8286
奈良市東包永町36
0742-22-6913
0742-22-6919
鹿角細工品
福西正行〒639-3432
吉野郡吉野町窪垣内218
0746-36-6513
0746-36-6513
和紙
ミツワ商店川邊憲一〒634-0831
橿原市曽我町378-2
0744-22-2838
0744-22-2838
茶の湯釜
百地哲朗〒630-8283
奈良市油留木町44-1
0742-26-0350
0742-26-0350
鋳物工芸
ふれ藍工房綿元西井康元〒639-1160
大和郡山市北郡山町244
0743-52-2328
0743-52-3928